浮気と離婚に関するブログ

浮気と離婚に関するブログ

2013/12/05
不貞証拠は必要なのか

こんにちは、所長の高木です。

昨日のブログの続きですが、不貞の証拠は必要なのか?ということです。
単純に考えると、こちらが浮気を問い詰めた時に相手に言い逃れされない為ですよね。

浮気している人と言うのは、こちらが問い詰めても、
「してるわけないだろう!」「証拠はあるのか!」と逆ギレすることがほとんどです。
そんな時の為にあり、相手に有無を言わさない為に必要です。

浮気を理由に、離婚や慰謝料請求を考えている場合には必要不可欠な物と言っても良いと思います。

不貞証拠は必要なのか

例えば、浮気相手に慰謝料を請求したとして、相手は抵抗をします。
「不倫の関係などない」と主張して来ます。
そうすると最終的に白黒をつけるのは裁判所になります。
慰謝料請求してから裁判までの間は色々ありますが、今回ははしょります。
最悪のケースを想定しないといけません。

裁判所で白黒つける方法は、
二人の間に肉体関係があったとしか考えられないというレベルまで立証する必要があります。
それが出来なければ、立証責任を負っている側が負けてしまいます。
基本的には慰謝料請求した側が立証責任を負っている場合が多いので、こちらが負けてしまいます。

負けてしまえば慰謝料も取れないし、離婚も出来ないという事態になる可能性が高くなってしまう。
それを避ける為に不貞の証拠を押さえることが必要なんです。

一生に一度あるかないかの事ですし、これからの人生を左右するかもしれないので、
最悪のケースを想定して戦わなければ、倍返しは出来ません。

倍返し…いや100倍返しの為です。今年の間にこの言葉を使えて良かった。

←前の記事へ||次の記事へ→

ご意見やご質問、ブログで取り上げて欲しいテーマなどはこちらまで