浮気と離婚に関するブログ

  1. HOME
  2. 浮気と離婚に関するブログ
  3. 2014年のブログ
  4. 浮気調査を自分で行うリスク

浮気と離婚に関するブログ

2014/01/12
浮気調査を自分で行うリスク

こんにちは、所長の高木です。

昨日のブログで少し書きましたが、
浮気調査を自分で行いたいと考える方は少なくないと思います。
しかし、ここには大きなリスクが潜んでいます。

浮気調査を自分で行うリスク

結論を先に書きますが、浮気調査を自分で行うことにより、
自分自身の人生が狂ってしまう可能性があります。

素人が調査を行っても失敗してしまうからです。
大切な場面で証拠の撮影に失敗してしまうだけでなく、
調査の対象者はお互いのことを良く知るパートナー、
顔が知られていれば、調査をしていることがバレてしまいます。

調査を失敗してバレてしまえば、二度と証拠が取れなくなるかもしれません。
相手が警戒をして、浮気をする際に周辺をキョロキョロと見回しながら歩き、
立ち止まったり、走って尾行を撒こうとしたりします。

上記のような警戒行動を取りながらも浮気を続ければ、
証拠を取れる可能性が残っていますが、
調査をしている事がバレれば浮気をしなくなってしまうことがあります。

そうなってしまうと、
相手の浮気を理由に離婚や慰謝料を請求しようと考えていても、
それが出来なくなってしまうのです。

その結果、離婚が出来なくなったり、離婚をしてもその後の生活費を確保出来なくなったり、
自分の人生を大きく悪い方向に変えてしまいます。

例えば、家族が病気になり手術を受けなければいけない際、
自分で手術しようと考えるでしょうか。
考えませんよね。

大袈裟では無く、それと同じことだと思います。
自分や大切な人の今後の人生を大きく変えるかもしれない事態には、
その道のプロに任せることが何よりも大切なことです。

弊社のお客様の中にもご自身で証拠を取ろうとして失敗したので、
浮気調査を依頼したいと相談に居らっしゃるお客様が居ます。
相手に調査をしたことがバレている場合にはいくらプロとは言えど大変難しいものです。

調査料金が余計に必要になってしまいますし、
良い事は何一つありません。
餅は餅屋ということわざもありますし、浮気調査を安易に考えるのは止めましょう。

←前の記事へ||次の記事へ→

ご意見やご質問、ブログで取り上げて欲しいテーマなどはこちらまで