浮気と離婚に関するブログ

浮気と離婚に関するブログ

2014/01/24
慰謝料弁護士、第三話

こんにちは、所長の高木です。

本日は現在放送中のドラマ「慰謝料弁護士」の第三話の感想です。
今回は熟年離婚がテーマでした。

慰謝料弁護士、第三話

前回まではすっきりと痛快に解決に至っていましたが、
今回は34年間の結婚生活で妻が夫の言動に耐えに耐え忍んで来た様子が、
見ていても苦しくなるほどでした。

実際に弊社に相談にいらっしゃる60代のお客様の中にも、
長い結婚生活を過ごして来て、「残りの人生は自分の好きに生きたい」と、
離婚を考えて調査に至るケースがあります。

ただ自分勝手にそうしたいのではありませんよ。
夫の浮気や暴力(言葉の暴力も含みます)などに悩んだ結果、
決心するんです。

今回の話でも、夫は専業主婦の妻に対して、
「誰が食わせてやっていると思っているんだ!」と横暴な態度を取り続けます。
まるで外で仕事をしている自分が最も偉いかのようにです。

妻が家で支えているから不自由なく働けているということに気付かないのです。
食事の支度、洗濯、何も出来ない夫は妻が居なくなってその事に気付くどころか、
若い女性と浮気をして、反省する素振りもありません。

ドラマだけの話では無く、こういう話はよくあります。
妻を完全に下に見ている夫は少なくは無いんじゃないでしょうか。
専業主婦の苦労が何一つ分かってないんですね。

熟年離婚で苦労する点はやはりお金です。
財産分与、年金分割、慰謝料が離婚によって得られる可能性があります。
それぞれの内容は割愛しますが、そういうことをしっかりと準備することが大切です。

そして、今回の話ではやっと探偵役の渡辺直美が活躍してくれました。
切り札となった夫(大学教授)と教え子の不倫現場をしっかりと押さえたのです。
入手した方法は置いておいて、探偵が活躍してくれると嬉しいものです。
次回も期待しましょう。

←前の記事へ||次の記事へ→

ご意見やご質問、ブログで取り上げて欲しいテーマなどはこちらまで