浮気と離婚に関するブログ

  1. HOME
  2. 浮気と離婚に関するブログ
  3. 2014年のブログ
  4. 慰謝料弁護士、第十一話と最終話

浮気と離婚に関するブログ

2014/03/28
慰謝料弁護士、第十一話と最終話

こんにちは、所長の高木です。

慰謝料弁護士も無事に最終話を迎えました。
離婚や浮気に関する知識がふんだんに盛り込まれた良い作品でしたね。

第十一話と最終話は前篇後篇の二部構成で、
主人公の弁護士の元恋人であるライバル弁護士との離婚裁判がテーマでした。
内容はさておき、離婚がもつれて裁判になることはほとんどありません。
多くの場合は協議離婚(話し合い)によって離婚が決まります。

それ以外に調停離婚や審判離婚などもありますが10%もありません。
裁判離婚は尚更で全体の1%と言われています。

慰謝料弁護士、第十話

それでも裁判までもつれてしまうということはお互いの意見が食い違っていたり、
主張や希望が叶わなかった場合に裁判まで発展してしまうことがあります。

そんな中で強い味方となるのが弁護士です。
私が浮気や離婚の相談を受ける際にアドバイスしているのは、
少しでも多くの強い味方を付けてくださいとアドバイスしています。

証拠集めのプロである探偵はもちろん、法律のプロである弁護士、
家族や友人ももちろん味方になります。

裁判まで進んだ際には弁護士は強い味方になります。
今回のドラマの中の話では裁判の相手方が優秀な弁護士を味方につけて、
主人公側を圧倒したかと思いましたが、実際には形勢逆転。

依頼者の心情に関心を示さず、裁判で勝つことだけを考えていた為、
依頼者が何を悩んでいるのか、どのように幸せになりたいかを考えてなかった。

どのような業種でもそうだと思います。
医者、弁護士、教師、飲食店の店員などもそうです。
いかに患者、依頼者、お客の立場で物事を考え、対応出来るか、それが最も大切です。

私たち探偵ももちろん同じです。
悩みを抱えた相談者をどうすれば救えるのか、依頼者の今後の人生が少しでも好転し、
幸せになっていただけるかを考えて、相談を聞き、調査を提案しています。

人と人との信頼関係は相手に気持ちになって考えることから始まる。
そんなことを再確認した最終話でした。

慰謝料弁護士はこれで終わりですが、ドラマの中の女探偵の活躍はまずまずでしたね。
女探偵に憧れちゃう、残念ながらそんな感じの探偵ではなかったですが…
続編に期待しましょう。

←前の記事へ||

ご意見やご質問、ブログで取り上げて欲しいテーマなどはこちらまで